Mnemosyne

Linux, 機械学習について個人的なメモを綴っていきます

JDK最新版(8u144)をCentOS6.9にインストール

今回はCentOSを対象にJDKの最新版(2017/9/13時点)をインストールする手順を紹介します。
Version6.Xの他、恐らくですが7にも導入できます。
f:id:free6464:20170913002638p:plain
様々なアプリケーションのバックエンドとして動作するJava開発キットをCentOSに導入します。

導入はとても簡単です。

wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u144-b01/090f390dda5b47b9b721c7dfaa008135/jdk-8u144-linux-x64.rpm

sudo yum localinstall jdk-8u144-linux-x64.rpm
java -version
java version "1.8.0_144"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_144-b01)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.144-b01, mixed mode)

お疲れ様でした。

JDKの最新版は以下で確認してください。
Java SE Development Kit 8 - Downloads

そして、
wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" XXXXX←この箇所にJDKファイルのURLを記載。